よくあるご質問|一般社団法人 日本アロマパルファンヌ協会

東京都新宿区市谷本村町2-10ストリーム市ヶ谷8F

受付時間 月~金10時~17時(土日祝休)
お問い合わせは以下のフォームより承ります

  • よくある質問
  • ディプロマ発行のお申込
  • 資料請求・取材・お問い合わせのご依頼

QA

協会について

日本アロマパルファンヌ協会とは、「天然アロマ調香」の技術とサービスを普及することを目的として設立され、2012年5月に「一般社団法人」としての登記登録を承認された公益性を有する法人団体です。 詳しくはこちらからどうぞ。
「アロマパルファンⓇ」とは、「天然100%の精油を使用した香水」という意味をあらわすために一般社団法人日本アロマパルファンヌ協会が定めた言葉です。当協会では、「アロマ」=「植物の香り」と定義づけています。商標登録を行っている言葉ですので、許可のない方が勝手にアロマパルファンの 名前を商業利用することはできませんので、くれぐれもお気をつけください。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定2級のWEB受験もしくは認定校・認定教室での受講後、アロマパルファン検定1級を認定校・認定教室で受講頂くと、日本アロマパルファンヌ協会に入会いただけます。検定1級受講後、認定校・認定教室で入会方法についてご説明いたします。入会手続きおよびお振込み後に、会員証をお送りいたします。
入会いただくにはアロマパルファン検定2級のWEB受験もしくは認定校・認定教室での受講後、アロマパルファン検定1級を認定校・認定教室で受講頂くことが必須となります。検定1級受講後、認定校・認定教室で入会方法についてご説明いたします。
20代~70代までの幅広い世代の方、またアロマテラピーのスペシャリストの方から、初心者の方まで様々な方が入会されています。アロマパルファン、アロマテラピーにご関心がある方であれば、どなたでも歓迎いたします。男性の会員も多数いらっしゃいます。
香水や精油についての最新情報をメールマガジンでお送りいたします。また、協会指定教材精油グリーンブレスの割引特典がございます。プロフェッショナル資格(アロマパルファニスト・アロマエアスタイリスト・アロマパルファン認定教室認定講師)をお持ちの方は、協会ルールに基づきプロフェッショナルとして活動いただけます。
プロフェッショナル資格(アロマパルファニスト・アロマエアスタイリスト・アロマパルファン認定教室認定講師)資格取得後、協会からイベント、セミナー時のスタッフ募集を行うことはございますが、企業などへの職業斡旋は行っておりませんので、ご了承ください。
資料請求はこちらから承ります。 詳しくはこちらからどうぞ。

会員更新、会員情報について

毎年4月~3月末となります。
会員の皆様には、毎年3月頃に更新のご案内をお送りしております。会費の振込みおよび会員更新書のご提出をお願いしております。手続き後、会員証をお送りいたしますが、約1ヶ月のお時間を頂いております。
個別に対応いたしますので、事務局までお問い合わせください。 こちらからどうぞ。
退会されると、すべての資格が無効となりますので、くれぐれもお気をつけください。特にプロフェッショナル資格(アロマパルファニスト、アロマエアスタイリスト、アロマパルファン認定教室認定講師)としての活動は一切行うことは出来なくなりますので、くれぐれもお気をつけください。
事務局までご連絡ください。こちらからどうぞ。 こちらからどうぞ。
継続は可能となります。転居先などを事務局までご連絡ください。 こちらからどうぞ。
リンクは可能です。よろしければご一報頂ければ大変幸いです。
ホームページ、名刺、パンフレットなどに会員であること、資格保有であることを明記していただくことは可能です。なお、表記については下記のうちいずれかをお使いください。

団体名
一般社団法人日本アロマパルファンヌ協会
(一社)日本アロマパルファンヌ協会
APAJ

資格名
認定アロマパルファンヌ
認定アロマパルファンアドバンス
認定アロマパルファニスト
認定アロマエアスタイリスト
認定アロマパルファン認定教室認定講師

検定・資格 全般について

アロマパルファンヌ(アロマパルファン検定2級・1級修了者)、アロマパルファンアドバンスはご自分で調香を楽しむご趣味としての資格になります。

アロマパルファニスト、アロマエアスタイリストはプロフェッショナルとしてアロマパルファンセッションやアロマ空間演出を行うことができる資格になります。

アロマパルファン認定教室認定講師は、認定教室を開講して、アロマパルファン検定やアロマパルファンアドバンスの講座を一般の方に教えるためのプロフェッショナル最上位資格となります。

アロマパルファン検定1級・2級は天然精油を使った香水を楽しむ心豊かな社会を推進するために、正しい知識の啓蒙、人材育成を目的とした検定です。年齢性別、経験などの制限なく、どなたでも受験可能で、アロマパルファンの基礎を問う内容です。2級ではラベンダー、ユーカリ、サンダルウッドの精油と調香の基礎を学びます。1級では、更にイランイラン、オレンジスイート、ベルガモット、フランキンセンスを学び、オリジナルの香水作りを楽しめるようになります。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定2級、1級受講後、協会に入会すると認定される資格です。アロマ調香を楽しむ基礎を身に着けたことを認定する資格です。 アロマパルファン調香における7種の精油の知識を身に着けていただき、洗練されたオリジナルの香水づくりを楽しめるようになります。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマ調香の基礎を発展させ、テーマに合わせたブレンドテクニックの習得を認定する資格です。 アロマパルファン調香における21種の精油の知識を身に着けていただけます。 詳しくはこちらからどうぞ。
お客様にオーダーメイドセッションを行い、パーソナルなアロマ香水を調香するプロフェッショナル資格です。アロマパルファン調香における41種の精油を使いこなす力を身につけます。独自のカウンセリングメソッドでクライアントの願望を引き出し、未来を香りで表現するセッションを行うことで、アロマの力で未来と今を繋げることができるようになります。 詳しくはこちらからどうぞ。
店舗や施設などをアロマの香りで空間をスタイリングするプロフェッショナル資格です。 アロマパルファン調香における46種の精油を使いこなす力を身につけます。 施設や店舗のイメージ、ゲストの客層などを考慮した上で効果的に香りをスタイリングできるようになります。 詳しくはこちらからどうぞ。
認定教室の主催者としてアロマパルファンメソッドの指導が行えるプロフェッショナル資格です。アロマパルファンメソッドⓇのすべての知識と技術はもちろん、講師としてのプレゼンテーションスキルも身に着けていただきます。 詳しくはこちらからどうぞ。
日本アロマパルファンヌ協会代表理事太田奈月が独自に考案した天然アロマ香水の調香メソッドです。アロマパルファンメソッドⓇの大切なルールは2つ。「100%天然香料で香水を創ること」そして「植物の生きた姿・形・育つ環境を考慮し、調香する精油のひとつひとつに意味を込めること」です。 詳しくはこちらからどうぞ。

アロマパルファン検定2級は公式テキストと調香キットをご購入いただいた上で独学で学び、WEB受験を行うことが可能です。

詳しくはこちらからどうぞ。

なお、アロマパルファン検定2級及び1級は全国の認定校および認定教室において、一部、Zoom(オンライン)での受講も可能となります。詳しくは事務局にお問い合わせください。

全国にアロマパルファン検定、アロマパルファンアドバンスを学べる認定校・認定教室がございます。なお、プロフェッショナル資格のアロマパルファニスト、アロマエアスタイリスト、認定教室認定講師については、認定校のみで学んでいただけます。 詳しくはこちらからどうぞ。
全国にアロマパルファン検定、アロマパルファンアドバンスを学べる認定校・認定教室がございます。なお、プロフェッショナル資格のアロマパルファニスト、アロマエアスタイリスト、認定教室認定講師については、認定校のみで学んでいただけます。
アロマパルファンやアロマ香水は化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、製造・販売を勝手に行うことはできません。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。

アロマパルファン検定2級について

アロマパルファン検定2級は天然精油を使った香水を楽しむ心豊かな社会を推進するために、正しい知識の啓蒙、人材育成を目的とした検定です。年齢性別、経験などの制限なく、どなたでも受験可能で、アロマパルファンの基礎を問う内容です。2級ではラベンダー、ユーカリ、サンダルウッドの精油と調香の基礎を学び、オリジナルの香水作りをご自分で楽しめるようになります。公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験方式と、認定校・認定教室で学びWEB受験免除のスクール方式があります。 詳しくはこちらからどうぞ。

アロマパルファン検定は「調香」に特化した全く新しい概念の知識を問うものです。成分や部位、抽出法といった狭い範囲に留まらず、育つ環境・姿形など、植物そのものの背景を知り、その植物の持つ香りの意味やエネルギーを香水に込めるノウハウを確認します。

詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学が可能です。独学の後、WEB受験をしていただき、合格するとアロマパルファン検定2級合格となります。 独学でのWEB受験はこちらからどうぞ。 独学はご自分の好きな時間に自宅で学んでいただくことが可能ですが、認定校・認定教室で学んでいただくと、テキストに書かれていない内容を学べたり、他の生徒様とのコミュニケーションがはかれることで、より一層アロマパルファンの楽しみが深まります。また、認定校・認定教室で学んでいただくと、WEB受験は免除となります。ぜひ、ご自分のご都合や興味に合わせてお選びください。 全国の認定校・認定教室はこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定2級は独学WEB受験か、スクールをお選びいただけます。 独学であれば、公式テキストおよび調香キットを使用して勉強いただき、WEB受験に合格するとアロマパルファン検定2級合格となります。 独学でのWEB受験はこちらからどうぞ。 独学はご自分の好きお時間に自宅で学んでいただくことが可能ですが、認定校・認定教室で学んでいただくと、テキストに書かれていない内容を学べたり、他の生徒様とのコミュニケーションがはかれることで、より一層アロマパルファンの楽しみが深まります。また、認定校・認定教室で学んでいただくと、WEB受験は免除となります。ぜひ、ご自分のご都合や興味に合わせてお選びください。 全国の認定校・認定教室はこちらからどうぞ。
条件はありません。アロマパルファンにご関心のある方でしたら、どなたでも受験可能です。
全国の20代~70代までの幅広い世代の方、またアロマテラピーのスペシャリストの方から、初心者の方まで様々な方が受験されています。アロマパルファン、アロマテラピー、香水や調香にご関心がある方であれば、どなたでも歓迎いたします。もちろん、男性も多数いらっしゃいます。

アロマパルファン検定2級を学ぶと、ラベンダー、ユーカリ、サンダルウッドの精油と調香の基礎を学ぶことができ、オリジナルの香水作りをご趣味としてご自分で楽しめるようになります。ご自分のためにブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。

なお、アロマパルファンやアロマ香水は化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、製造・販売を勝手に行うことはできません。法律を遵守した形で、プロフェッショナルとしてアロマパルファンを第三者に提供することにご関心がある場合は、アロマパルファニスト資格取得コースをお勧めいたします。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。

アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。

アロマパルファン検定2級ではラベンダー、ユーカリ、サンダルウッドの精油と調香の基礎を学び、オリジナルの香水作りをご自分で楽しめるようになります。また、成分や部位、抽出法といった狭い範囲に留まらず、育つ環境・姿形など、植物そのものの背景を知り、その植物の持つ香りの意味やエネルギーを香水に込めるノウハウを学んでいただけます。

アロマパルファン検定2級を学ぶと、ラベンダー、ユーカリ、サンダルウッドの精油と調香の基礎を学ぶことができ、オリジナルの香水作りをご趣味としてご自分で楽しめるようになりますが、ご自分のためのブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。

なお、アロマパルファンやアロマ香水は化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、製造・販売を勝手に行うことはできません。法律を遵守した形で、プロフェッショナルとしてアロマパルファンを第三者に提供することにご関心がある場合は、アロマパルファニスト資格取得コースをお勧めいたします。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。

アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。

アロマパルファン検定2級を学ぶと、ラベンダー、ユーカリ、サンダルウッドの精油と調香の基礎を学ぶことができ、オリジナルの香水作りをご趣味としてご自分で楽しめるようになりますが、ご自分のためのブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。

なお、すべての香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできません。法律を遵守した形で、プロフェッショナルとしてアロマパルファンを第三者に提供することにご関心がある場合は、アロマパルファニスト資格取得コースをお勧めいたします。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。

アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。

アロマパルファン検定2級を学ぶと、ラベンダー、ユーカリ、サンダルウッドの精油と調香の基礎を学ぶことができ、オリジナルの香水作りをご趣味としてご自分で楽しめるようになりますが、ご自分のためのブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供、授業の開催を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。

学習した内容を勝手に第三者に教えることは認められておりませんので、アロマパルファンメソッドを人に伝えたい、教えたいという方は、ぜひ、アロマパルファン認定教室認定講師の資格取得コースをお勧めいたします。

認定講師についてはこちらからどうぞ。

2級合格後、1級にも合格し、日本アロマパルファンヌ協会に入会すると「認定アロマパルファンヌ」の資格が授与されます。なお、2級に合格した際、ご希望の方には認定証を発行いたします(有料)。

詳しくはこちらからどうぞ。

アロマパルファン検定1級は、2級を修了した方のみが受講できる検定になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です。

詳しくはこちらからどうぞ。

公式テキストと調香キットはインターネット上の通信販売でお買い上げいただけます。

詳しくはこちらからどうぞ。

公式テキストと調香キットはインターネット上の通信販売でお買い上げいただけます。

詳しくはこちらからどうぞ。

アロマパルファン検定2級に合格した際、ご希望の方には認定証を発行いたします(有料)。

詳しくはこちらからどうぞ。

アロマパルファン検定2級「WEB受験」について

どなたでも受験可能です。WEBからの申し込み及び受験が可能となります。 詳しくはこちらからどうぞ。
公式テキストからの出題となります。しっかり読み込んでチャレンジしてください。 詳しくはこちらからどうぞ。
パソコン、スマートフォン、どちらからのWEB受験も可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
クレジット決済と、コンビニ決済が選べます。ともにお支払い後、30日間受験が可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
パクレジット決済と、コンビニ決済が選べます。ともにお支払い後、30日間受験が可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
不合格となってしまった場合は、あらためて有料にて再受験していただくことになります。しっかり学習して次回の合格を目指しましょう。
検定2級の試験は選択問題のみとなります。1級は調香の実技試験がございます。(認定校・認定教室での受講が必要です)
50分間で解いていただきます。制限時間を過ぎた時点で採点が開始されますので、試験だけに集中できるお時間に受験を開始してください。
アロマパルファン検定2級合格後、1級にも合格し、日本アロマパルファンヌ協会に入会すると「認定アロマパルファンヌ」の資格が授与されます。2級に合格した際、ご希望の方には認定証を発行いたします(有料)。 詳しくはこちらからどうぞ。

アロマパルファン検定1級について

アロマパルファン検定1級は天然精油を使った香水を楽しむ心豊かな社会を推進するために、正しい知識の啓蒙、人材育成を目的とした検定です。年齢性別、経験などの制限なく、どなたでも受験可能で、アロマパルファンの基礎を学ぶ内容です。なお、アロマパルファン検定2級を独学WEB受験合格もしくは全国の認定校・認定教室で学ばれた方が、アロマパルファン検定1級を受講いただけます。精油はイランイラン、オレンジスイート、ベルガモット、フランキンセンスを学び、オリジナルの香水作りをご趣味として楽しめるようになります。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定1級は、独学ではなく全国の認定校・認定教室のみで学んでいただけます。なお、検定1級の前にアロマパルファン検定2級を受けていただく必要がありますが、アロマパルファン検定2級に限り、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室でも学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
全国の20代~70代までの幅広い世代の方、またアロマテラピーのスペシャリストの方から、初心者の方まで様々な方が受験されています。アロマパルファン、アロマテラピー、香水や調香にご関心がある方であれば、どなたでも歓迎いたします。もちろん、男性も多数いらっしゃいます。
アロマパルファン検定1級は、検定2級を修了した方のみが受講できる検定になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定1級は、検定2級を修了していることが条件になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定1級を受講すると、検定2級で学ぶラベンダー、ユーカリ、サンダルウッドの精油に加えて、イランイラン、オレンジスイート、ベルガモット、フランキンセンスの合計7種類の精油を学び、アロマパルファンメソッドに基づいたオリジナルの香水作りをご趣味としてご自分で楽しめるようになります。 ご自分のためにブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。なお、アロマパルファンやアロマ香水は化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、製造・販売を勝手に行うことはできません。法律を遵守した形で、プロフェッショナルとしてアロマパルファンを第三者に提供することにご関心がある場合は、アロマパルファニスト資格取得コースをお勧めいたします。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定1級ではイランイラン、オレンジスイート、ベルガモット、フランキンセンスの精油を学び、アロマパルファンメソッドに基づいたオリジナルの香水作りをご自分で楽しめるようになります。また、成分や部位、抽出法といった狭い範囲に留まらず、育つ環境・姿形など、植物そのものの背景を知り、その植物の持つ香りの意味やエネルギーを香水に込めるノウハウを学んでいただけます。
アロマパルファン検定1級を認定校・認定教室で受講頂くと、日本アロマパルファンヌ協会に入会、アロマパルファンヌの資格を取得いただけます。検定1級受講後、認定校・認定教室で入会方法についてご説明いたします。入会手続きおよびお振込み後に、会員証をお送りいたします。
アロマパルファン検定1級ではイランイラン、オレンジスイート、ベルガモット、フランキンセンスの精油を学び、アロマパルファンメソッドに基づいたオリジナルの香水作りをご自分で楽しめるようになりますが、ご自分のためのブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。 なお、アロマパルファンやアロマ香水は化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、製造・販売を勝手に行うことはできません。法律を遵守した形で、プロフェッショナルとしてアロマパルファンを第三者に提供することにご関心がある場合は、アロマパルファニスト資格取得コースをお勧めいたします。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定1級ではイランイラン、オレンジスイート、ベルガモット、フランキンセンスの精油を学び、アロマパルファンメソッドに基づいたオリジナルの香水作りをご自分で楽しめるようになりますが、ご自分のためのブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。 なお、すべての香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできません。法律を遵守した形で、プロフェッショナルとしてアロマパルファンを第三者に提供することにご関心がある場合は、アロマパルファニスト資格取得コースをお勧めいたします。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定1級を学ぶと、アロマパルファン検定1級ではイランイラン、オレンジスイート、ベルガモット、フランキンセンスの精油を学び、アロマパルファンメソッドに基づいたオリジナルの香水作りをご自分で楽しめるようになりますが、ご自分のためのブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供、授業の開催を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。学習した内容を勝手に第三者に教えることは認められておりませんので、アロマパルファンメソッドを人に伝えたい、教えたいという方は、ぜひ、アロマパルファン認定教室認定講師の資格取得コースをお勧めいたします。 認定講師についてはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定1級の公式テキストおよび調香キットは、全国の認定校・認定教室で受講される際にお渡ししております。通信販売は行っておりませんので、ご了承ください。 全国の認定校・認定教室はこちらからどうぞ。

アロマパルファンアドバンス について

アロマ調香の基礎を発展させ、テーマに合わせたブレンドテクニックの習得を認定する資格です。 アロマパルファン調香における21種の精油の知識を身に着けていただけます。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファンアドバンスは、独学ではなく全国の認定校・認定教室のみで学んでいただけます。なお、アドバンスを受講するためには、アロマパルファン検定2級、1級が修了している必要がありますが、アロマパルファン検定2級に限り、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室でも学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファンアドバンスは、全国の認定校・認定教室で学んでいただけます。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファンアドバンスは、アロマパルファン検定2級、1級を修了していることが条件になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファンアドバンスは、アロマパルファン検定2級、1級を修了していることが条件になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマ調香の基礎を発展させ、調香における21種の精油の知識を身に着けることで、テーマに合わせたブレンドテクニックを磨くことができます。また、アロマパルファンメソッドに基づいたオリジナルの香水作りをご趣味としてご自分で楽しめるようになります。 ご自分のためにブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。なお、アロマパルファンやアロマ香水は化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、製造・販売を勝手に行うことはできません。法律を遵守した形で、プロフェッショナルとしてアロマパルファンを第三者に提供することにご関心がある場合は、アロマパルファニスト資格取得コースをお勧めいたします。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
全国の20代~70代までの幅広い世代の方、またアロマテラピーのスペシャリストの方から、初心者の方まで様々な方が受講されています。アロマパルファン、アロマテラピー、香水や調香にご関心がある方であれば、どなたでも歓迎いたします。もちろん、男性も多数いらっしゃいます。プロフェッショナルを目指す方が多く、向上心のあるクラスメイトと一緒に、充実した学びを深めていただけます。
アロマ調香の基礎を発展させ、調香における21種の精油の知識を身に着けることで、テーマに合わせたブレンドテクニックを磨いていただけます。授業は実践中心で、アロマパルファンメソッドに基づいたオリジナルの香水作りをご自分で楽しめるようになります。また、成分や部位、抽出法といった狭い範囲に留まらず、育つ環境・姿形など、植物そのものの背景を知り、その植物の持つ香りの意味やエネルギーを香水に込めるノウハウを学んでいただけます。
アロマパルファン検定2級、1級を終了後、日本アロマパルファンヌ協会に入会していただき、認定校・認定教室にてアロマパルファンアドバンスコース4日間を受講いただきます。授業終了日に筆記試験がありますので、筆記試験に合格すると、アロマパルファンアドバンスの資格を取得できます。 詳しくはこちらからもどうぞ。
アロマパルファンアドバンスを受講すると、アロマ調香の基礎を発展させ、調香における21種の精油の知識を身に着けることで、テーマに合わせたブレンドテクニックを磨くことができますが、ご自分のためのブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。 なお、アロマパルファンやアロマ香水は化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、製造・販売を勝手に行うことはできません。法律を遵守した形で、プロフェッショナルとしてアロマパルファンを第三者に提供することにご関心がある場合は、アロマパルファニスト資格取得コースをお勧めいたします。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
アロマパルファンアドバンスを受講すると、アロマ調香の基礎を発展させ、調香における21種の精油の知識を身に着けることで、テーマに合わせたブレンドテクニックを磨くことができますが、ご自分のためのブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。 なお、すべての香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできません。法律を遵守した形で、プロフェッショナルとしてアロマパルファンを第三者に提供することにご関心がある場合は、アロマパルファニスト資格取得コースをお勧めいたします。当協会の認定アロマパルファニストは、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
アロマパルファンアドバンスを受講すると、アロマ調香の基礎を発展させ、調香における21種の精油の知識を身に着けることで、テーマに合わせたブレンドテクニックを磨くことができますが、ご自分のためのブレンドを学ぶための講座であり、プロフェッショナルとしての第三者へのアドバイス、レッスン開催、香水の提供、授業の開催を目的とはしておりませんので、くれぐれもお気をつけください。 学習した内容を勝手に第三者に教えることは認められておりませんので、アロマパルファンメソッドを人に伝えたい、教えたいという方は、ぜひ、アロマパルファン認定教室認定講師の資格取得コースをお勧めいたします。 認定講師についてはこちらからどうぞ。
アロマパルファンアドバンス授業終了日に筆記試験がありますので、筆記試験に合格すると、アロマパルファンアドバンスの資格を取得できます。詳しくは、アロマパルファンアドバンス授業の際にもご説明いたします。 こちらからもどうぞ。

アロマパルファニストについて

お客様にオーダーメイドセッションを行い、パーソナルなアロマ香水を調香するプロフェッショナル資格です。アロマパルファン調香における41種の精油を使いこなす力を身につけます。独自のカウンセリングメソッドでクライアントの願望を引き出し、未来を香りで表現するセッションを行うことで、アロマの力で未来と今を繋げることができるようになります。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファストは、独学ではなく認定校のみで学んでいただけます。なお、アロマパルファニストを受講するためには、アロマパルファン検定2級、1級、アロマパルファンアドバンスを修了している必要がありますが、アロマパルファン検定2級に限り、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室でも学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファストは、認定校のみで学んでいただけます。 詳しくはこちらからどうぞ。
全国の20代~70代までの幅広い世代の方、またアロマテラピーのスペシャリストの方から、初心者の方まで様々な方が受講されています。アロマパルファン、アロマテラピー、香水や調香にご関心がある方であれば、どなたでも歓迎いたします。もちろん、男性も多数いらっしゃいます。プロフェッショナルとして独立開業したい方から、サロンの新メニューとして取り入れたい方など、様々な方がいらっしゃいます。全国で活躍するアロマパルファニストは、 こちらからご覧いただけます。
アロマパルファニストは、アロマパルファン検定2級、1級、アロマパルファンアドバンスを修了していることが条件になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファニストは、アロマパルファン検定2級、1級、アロマパルファンアドバンスを修了していることが条件になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファニスト受講後、実技試験、症例審査を終えて、アロマパルファニストの資格を取得すると、お客様にオーダーメイドセッションを行い、パーソナルなアロマ香水を調香するプロフェッショナルとして活動することができます。アロマパルファン調香における41種の精油を使いこなす力を身につけ、独自のカウンセリングメソッドでクライアントの願望を引き出し、未来を香りで表現するセッションを行うことで、アロマの力で未来と今を繋げることができるようになります。また、アロマパルファンレッスンを複数のクライアントに対して開催することも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファン調香における41種の精油を使いこなす力を身につけ、独自のカウンセリングメソッドでクライアントの願望を引き出し、未来を香りで表現するセッションを行う知識と技術を習得いただけます。授業は実践中心で、お客様にオーダーメイドセッションを行い、パーソナルなアロマ香水を調香するプロフェッショナルとして活動するための実力を磨いていただけます。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマパルファン検定2級、1級を終了後、日本アロマパルファンヌ協会に入会していただき、認定校・認定教室にてアロマパルファンアドバンスコース4日間を受講いただきます。授業終了日に筆記試験がありますので、筆記試験に合格されましたら、アロマパルファニストコース6日間を認定校で受講可能となります。アロマパルファニスト授業後には実技試験を受けていただき、実技試験に合格すると、症例審査がございます。実技試験合格後1年以内に2症例の審査を受けて頂き、審査に合格後、アロマパルファニストとして協会に登録をしていただくと、アロマパルファニスト資格を取得できます。 詳しくは、こちらからもどうぞ。
アロマパルファニスト受講後、実技試験、症例審査を終えて、アロマパルファニストの資格を取得すると、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供するプロフェッショナルの調香師として活動することが可能です。 なお、アロマパルファンやアロマ香水は化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
アロマパルファニスト受講後、実技試験、症例審査を終えて、アロマパルファニストの資格を取得すると、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することは可能です。 なお、すべての香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
アロマパルファニスト受講後、実技試験、症例審査を終えて、アロマパルファニストの資格を取得すると、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することは可能です。ただし、学習した内容を勝手に第三者に教えることは認められておりませんので、アロマパルファンメソッドを人に伝えたい、教えたいという方は、ぜひ、アロマパルファン認定教室認定講師の資格取得コースをお勧めいたします。 認定講師についてはこちらからどうぞ。
アロマパルファニスト授業後に実技試験を受けていただき、実技試験に合格すると、症例審査がございます。実技試験合格後1年以内に2症例の審査を受けて頂き、審査に合格後、アロマパルファニストとして協会に登録をしていただくと、アロマパルファニスト資格を取得できます。詳しくは、アロマパルファニスト授業の際にもご説明いたします。 こちらからもどうぞ。
独立開業される方から、出張形式で活動する方、またサロンの新メニューとして取り入れる方まで様々です。本業とは別に副業として活動される方もいらっしゃいます。また、定年後の新たな仕事としてご準備される方などもいらっしゃいます。そして、上級のアロマエアスタイリストや認定講師を目指し、より幅広い活動ができるよう、学びを深める方が多いのが特徴です。
アロマパルファニストとして行うアロマパルファンセッションでは、カウンセリングだけはオンラインで行っていただいても構いませんが、アロマパルファン作成自体は法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法をとるため、お客様との対面形式によるものとなりますので、くれぐれもお気をつけください。
アロマパルファニストのサービスは受けるには、こちらからお申し込みいただけます。 こちらからお申し込みいただけます。
全国で活躍するアロマパルファニストは、こちらからご覧いただけます。 こちらからご覧いただけます。

アロマエアスタイリストについて

アロマエアスタイリストとは店舗や施設などをアロマの香りで空間をスタイリングすることのできるプロフェッショナル資格です。 アロマパルファン調香における46種の精油を使いこなす力を身につけます。 施設や店舗のイメージ、ゲストの客層などを考慮した上で効果的に香りをスタイリングできるようになります。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマエアスタイリストは、独学ではなく認定校のみで学んでいただけます。なお、アロマエアスタイリストを受講するためには、アロマパルファン検定2級、1級、アロマパルファンアドバンス、アロマパルファニストを修了している必要がありますが、アロマパルファン検定2級に限り、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室でも学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマエアスタイリストは、認定校のみで学んでいただけます。 詳しくはこちらからどうぞ。
全国の20代~70代までの幅広い世代の方、またアロマテラピーのスペシャリストの方から、初心者の方まで様々な方が受講されています。アロマパルファン、アロマテラピー、調香や空間演出にご関心がある方であれば、どなたでも歓迎いたします。もちろん、男性も多数いらっしゃいます。プロフェッショナルとして独立開業したい方から、サロンの新メニューとして取り入れたい方、店舗や企業のオリジナルブレンドオイル製作の開発をされたい方など、様々な方がいらっしゃいます。 全国で活躍するアロマエアスタイリストは、こちらからご覧いただけます。
アロマエアスタイリストは、アロマパルファン検定2級、1級、アロマパルファンアドバンス、アロマパルファニストコースのすべてを修了していることが条件になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマエアスタイリストは、アロマパルファン検定2級、1級、アロマパルファンアドバンス、アロマパルファニストを修了していることが条件になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
店舗や施設などをアロマの香りで空間をスタイリングするができるようになります。 アロマパルファン調香における46種の精油を使いこなす力を身につけた上で、施設や店舗のイメージ、ゲストの客層などを考慮し、効果的に香りをスタイリングできるようになります。 詳しくはこちらからどうぞ。
店舗や施設などをアロマの香りで空間をスタイリングするための知識と技術を習得することができます。 アロマパルファン調香における46種の精油を使いこなす力を身につけた上で、施設や店舗のイメージ、ゲストの客層などを考慮し、効果的に香りをスタイリングできるようになる実践的な授業となります。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマエアスタイリスト取得のためには、アロマパルファン検定2級、1級受講後、日本アロマパルファンヌ協会への入会がまずは必要となります。その後、アロマパルファンアドバンスコース受講、アロマパルファニストコース受講およびアロマパルファニスト実技試験、症例審査を経て、アロマエアスタイリストコースの受講が可能となります。エアスタイリストの実技試験合格後1年以内に2症例の審査を受けて頂き、審査に合格後、アロマエアスタイリストとして協会に登録をしていただくと、アロマエアスタイリスト資格を取得できます。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマエアスタイリスト受講後、実技試験、症例審査を終えて、アロマエアスタイリストの資格を取得すると、プロフェッショナルのアロマ空間演出家として活動することが可能です。なお、空間用アロマブレンドオイルは法律上「雑貨」に該当するため、製造・販売が可能となります。 ただし、アロマパルファンやアロマ香水は化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。アロマパルファン、アロマ香水は、アロマパルファニスト有資格者がアロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法でクライアントに提供することが可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
アロマエアスタイリスト受講後、実技試験、症例審査を終えて、アロマエアスタイリストの資格を取得すると、プロフェッショナルのアロマ空間演出家として活動できますが、空間用アロマブレンドオイルは法律上「雑貨」に該当するため、製造・販売が可能となります。 ただし、香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。アロマパルファン、アロマ香水は、アロマパルファニスト有資格者がアロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法でクライアントに提供することが可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
空間用アロマブレンドオイルは法律上「雑貨」に該当するため、製造・販売が可能となりますが、香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。 アロマパルファニスト有資格者は、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することは可能です。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
アロマエアスタイリスト受講後、実技試験、症例審査を終えて、アロマエアスタイリストの資格を取得すると、プロフェッショナルのアロマ空間演出家として活動することが可能ですが、学習した内容を勝手に第三者に教えることは認められておりませんので、アロマパルファンメソッドを人に伝えたい、教えたいという方は、ぜひ、アロマパルファン認定教室認定講師の資格取得コースをお勧めいたします。 認定講師についてはこちらからどうぞ。
アロマエアスタイリスト授業後に実技試験を受けていただき、実技試験に合格すると、症例審査がございます。実技試験合格後1年以内に2症例の審査を受けて頂き、審査に合格後、アロマエアスタイリストとして協会に登録をしていただくと、アロマエアスタイリスト資格を取得できます。詳しくは、アロマエアスタイリスト授業の際にもご説明いたします。 こちらからもどうぞ。
独立開業される方から、訪問形式で活動する方、またサロンの新メニューとして取り入れる方、店舗や企業のオリジナルブレンドオイル製作の開発をされる方など、様々な方がいらっしゃいます。本業とは別に副業として活動される方もいらっしゃいます。また、定年後の新たな仕事としてご準備される方などもいらっしゃいます。そして、上級の認定講師を目指し、より幅広い活動ができるよう、学びを深める方が多いのが特徴です。
アロマエアスタイリストのサービスは受けるには、こちらからお申し込みいただけます。 こちらからお申し込みいただけます。
全国で活躍するアロマエアスタイリストは、こちらからご覧いただけます。 こちらからご覧いただけます。

アロマパルファン認定教室認定講師 

認定教室の主催者としてアロマパルファンメソッドの指導が行えるプロフェッショナル資格です。アロマパルファンメソッドのすべての知識と技術はもちろん、講師としてのプレゼンテーションスキルも身に着けていただきます。 詳しくはこちらからどうぞ。
認定講師になるためには、独学ではなく認定校で学んでいただきます。なお、認定講師の養成講座を受けるには、アロマパルファン検定2級、1級、アロマパルファンアドバンス、アロマパルファニスト、アロマエアスタイリスト、その他、化学など必須講座(8日間)を修了している必要がありますが、アロマパルファン検定2級に限り、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室でも学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
認定講師になるための養成講座は認定校のみで学んでいただけます。 詳しくはこちらからどうぞ。
認定講師養成講座を受講するには、アロマパルファン検定2級、1級、アロマパルファンアドバンス、アロマパルファニスト、エアスタイリスト、その他化学など必須講座(8日間)を修了していることが条件になりますので、まずはアロマパルファン検定2級から始めてください。アロマパルファン検定2級は、公式テキストおよび調香キットを使用しての独学WEB受験でも、全国の認定校・認定教室で学ぶことも可能です。 詳しくはこちらからどうぞ。
認定講師養成講座を受講し、認定講師試験合格後、認定教室の登録が完了すると、認定教室の主催者としてアロマパルファンメソッドの指導が行えるようになります。アロマパルファンメソッドⓇのすべての知識と技術はもちろん、講師としてのプレゼンテーションスキルも身に着けて頂いた上で、ご自宅やサロンなどでアロマパルファン検定2級・1級、アロマパルファンアドバンスの講座を一般の方に教えていただくことができます。 詳しくはこちらからどうぞ。
全国の20代~60代までの幅広い世代の方で、アロマテラピーのスペシャリストの方から、初心者から始めた方まで様々な方が受講されています。認定講師養成講座を受講するまでに1年以上かかりますので、知識や技術の向上に向けて地道に努力を重ねることができる方が多いのが特徴です。アロマテラピーの知識やご経験をお持ちの方から、全くの初心者の方でも、アロマテラピー、アロマパルファン、調香にご関心がある方であれば、どなたでも講師を目指して頂けます。もちろん、男性も複数いらっしゃいます。プロフェッショナルとして独立開講したい方から、サロンの新メニューとして取り入れたい方、第二の人生を先生として過ごしたいという方まで、様々な方がいらっしゃいます。 全国で活躍する認定講師は、こちらからご覧いただけます。
アロマパルファンメソッドⓇのすべての知識と技術はもちろん、講師としてのプレゼンテーションスキルも身に着けて頂き、一般の方に向けて、ご自宅やサロンなどでアロマパルファン検定2級・1級、アロマパルファンアドバンスの講座を教えるためのノウハウ、技術を習得することができます。
認定講師の資格を取得するには、アロマパルファン検定2級、1級、アロマパルファンアドバンス、アロマパルファニスト、アロマエアスタイリスト、その他化学など必須講座(8日間)を修了した上で、認定講師養成講座を受講いただきます。認定講師養成講座の受講後、実技試験を経て、認定教室の審査・登録を終えると、アロマパルファン認定教室の開校及び認定講師の資格を取得できます。 詳しくはこちらからどうぞ。
認定講師養成講座の受講後、実技試験を経て、認定教室の審査・登録を終えると、アロマパルファン認定教室を開校できます。教室ではアロマパルファン検定2級・1級やアロマパルファンアドバンスの講座を開講して、アロマパルファンメソッドの普及活動を行っていただけます。 詳しくはこちらからどうぞ。
認定講師養成講座の受講後、実技試験を経て、認定教室の審査・登録を終えると、アロマパルファン認定講師として、アロマパルファン検定2級・1級やアロマパルファンアドバンスの講座、またはアロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービスを通じて、法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することが可能です。 ただし、香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。
認定講師養成講座の受講後、実技試験を経て、認定教室の審査・登録を終えると、アロマパルファン認定教室の開校及び認定講師の資格を取得できます。取得後には先生としてアロマパルファンメソッドを一般の方に教えて頂くことができます。 詳細はこちらからどうぞ。
認定講師養成講座の受講後、実技試験を経て、認定教室の審査・登録を終えると、アロマパルファン認定教室を開校できます。 詳細はこちらからどうぞ。
認定講師養成講座の受講後、実技試験を経て、認定教室の審査・登録を終えると、アロマパルファン認定教室の開校及び認定講師の資格を取得できます。 詳細はこちらからどうぞ。
独立開業される方から、サロンや教室の新プログラムとして取り入れる方など、様々な方がいらっしゃいます。本業とは別に副業として活動される方もいらっしゃいます。また、定年後の新たな仕事としてご準備される方などもいらっしゃいます。認定講師取得後も、知識や技術の向上に向けて地道に研鑽を磨く方が多いのが特徴です。
全国で活躍する認定教室認定講師はこちらからご覧いただけます。 こちらからご覧いただけます。

その他 法律関係

アロマパルファン、アロマ香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。 アロマパルファニスト有資格者は、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することは可能です。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
ハンドクリーム、バスソルトなどの手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。 アロマパルファニスト有資格者は、アロマパルファンセッション、またはアロマパルファンレッスンという対面サービス形式により、法律(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)を遵守した特別な手法でアロマパルファンを提供することは可能です。 アロマパルファニストについてはこちらからどうぞ。
アロマをブレンドした空間用スプレーは雑貨に該当しますので、製造・販売は可能ですが、人の皮膚、毛髪などへの塗布、散布の恐れがあるものは法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、製造・販売を勝手に行うことはできません。皮膚への塗布、毛髪への塗布などが一切行われないように、表記、注意勧告を行うよう徹底をお願いいたします。
空間用アロマブレンドオイルは法律上「雑貨」に該当するため、製造・販売が可能となります。ただし、 香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。
無水エタノールの小分け販売は、アルコール事業法、もしくは、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)への違法行為となります。小分け販売できませんので、くれぐれもお気をつけください。
アルコールと精油をセットにした香水調香キットは、法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品製造に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできませんので、くれぐれもお気をつけください。
アロマ香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできません。プレゼントであっても同様ですので、くれぐれもお気をつけください。
アロマ香水や手作りアロマ化粧品は法律上(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、化粧品に該当しますので、化粧品製造・販売許可を保有していない者は、法律上、製造・販売を勝手に行うことはできません。講座の特典やプレゼントであっても同様ですので、くれぐれもお気をつけください。 なお、講座の特典、プレゼントとして何か景品を提供する場合には、景品表示法により、景品最高額が決められております(取引価額1000円未満の場合は景品類最高額200円。取引価額1000円以上の場合は、景品類最高金額は取引価額の20%)。景品表示法についても遵守していただくよう、くれぐれもお気をつけください。
化粧品は薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)において、「化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう」と定められております。例としては、アロマパルファン、香水、石けん、ハンドクリ-ム、シャンプー、リンス、ボディソープ、シェービングクリームなどが化粧品に該当します。
ペットや動物は人間の体と違い、一般的に、精油に対する解毒力が低いと考えられているため、当協会としては使用はお勧めしておりません。
皮膚への炎症や異変が起きた場合には、ただちに使用を中止してください。しばらく経過しても炎症、異変が続く場合には、医師へご相談いただくことをお勧めいたします。
精油に薬理作用はありますが、アロマパルファンや精油を治療目的に使用することは、医師法および薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)への違法行為となりますので、くれぐれもお気をつけください。